無料オファー一覧

CRAPTO(クラプト) 倉田正生

「CRAPTO(クラプト)」セールスページ内にて都合の良いことばかりを並べているものほど後から高額な商品へ誘導される可能性は高くなる。倉田正生氏も自身が「クラプト」のノウハウで稼いでいるのではなく、「クラプトから高額塾へ参加する方を集めて稼ごうとしている」のは間違いないだろう。

Ripple Booster(リップルブースター) リップルブースター事務局

「Ripple Booster(リップルブースター)」過去いくつも同じようなオファーを見てきたが最終的に〇〇日後に、実際に稼働して稼げるシステムやツールが配布された案件を見たことがない。そして今でも平然と無料オファーを毎日のように配信している。今回もこのツールが存在するのかすら怪しいと思ってしまう。

ザ タートルズプロジェクト 中神あきら

「ザ タートルズプロジェクト」高額塾の内容や販売価格などは今後明らかになると思うが、この手のローンチで販売する高額塾の情報商材の価格はコストもかかっていると言うこともあり20万円~30万円前後かかる。そして購入後にバックエンド商品があると「もっと稼げる方法」として50万円前後で別のノウハウを売られることが多い。

IODIS(イオディス) 赤西勝人

「IODIS(イオディス)」イオディスを正しく評価するためには少なくともバックテスト結果が必要だ。たとえ資産を10倍に出来るシステムであったとしても、実は10倍にするためには、資金が1000万円必要だったり、途中で大赤字になり追加で1000万円必要だったなどと言う心配を払しょくできない。

Empire Crypto Project 小平つかさ

「Empire Crypto Project」今回の主演者は「小平つかさ」氏という人物だ。小平氏は5月にも「ダイバージェントクラブ」というプロジェクトを打ち出している。このプロジェクトはSNSと仮想通貨を組みあわせた発想自体は面白いプロジェクトだったが今のところ稼げたという話は聞いた事がない。

GENESIS PROJECT 菊池隆則

「GENESIS PROJECT」案内には「応援金100万円を完全無料で贈呈します」と書かれている。過去の多くの事例でも、「無料で〇〇万円あげます」などの案内が見られたが、そのほとんどが、そのためには、〇〇万円の入会費用が必要です、という条件がついていた。何の持ち出しもなく、ただ〇〇万円を貰えたと言う例は無い。

Fan’s Plan (ファンズプラン) 結城真太郎 李偉

「Fan’s Plan (ファンズプラン)」セールスページでビジネスモデルを一切明かさない案件で優良なモノと今まで出会った試しがない。今回の仕掛け人である『結城真太郎』 氏についてネットで検索をしてみた所、実際に稼がれている詳細やどのようなビジネスで稼がれているなどの情報は一切得られなかった。

THE PROMISEプロジェクト 山口幸助

「THE PROMISEプロジェクト」山口幸助氏をネットでいくら検索してもヒットしなかった。プロフィールには『今最も注目されている投資家の一人』とあるのだが雑誌やテレビにもそのような方は見当たらない。これだけの実績がある方なら有名なメディアが放っておくわけがない。だがそれがないというのはいささか不可解と言える。

Grow Japan Project 久保裕也

「Grow Japan Project」成田氏がインタビュアーを務める案件は、これまでの傾向からも「何もしなくてもお金が入ってくる」というものだが、ハッキリ言ってその後成功の声を耳にしたことがない。成田氏も実際の中身については全く知らず、動画では”ただ台本通りにリアクションを取っているだけ”だ。

パーフェクトアラームビジネス 藤田遼馬

「パーフェクトアラームビジネス」キャッチコピー、ランディングページの画像、ビジネスモデルの内容から住所まで使いまわし感満載のオファーは最終的に高額塾の案内が来ることが予想されるためおススメできない。1回1分の作業です!とかコピペで〇〇万円稼げます!というのは詐欺的な内容のものが多く実際に稼ぐことはできない。