仮想通貨一覧

CRAPTO(クラプト) 倉田正生

「CRAPTO(クラプト)」セールスページ内にて都合の良いことばかりを並べているものほど後から高額な商品へ誘導される可能性は高くなる。倉田正生氏も自身が「クラプト」のノウハウで稼いでいるのではなく、「クラプトから高額塾へ参加する方を集めて稼ごうとしている」のは間違いないだろう。

ザ タートルズプロジェクト 中神あきら

「ザ タートルズプロジェクト」高額塾の内容や販売価格などは今後明らかになると思うが、この手のローンチで販売する高額塾の情報商材の価格はコストもかかっていると言うこともあり20万円~30万円前後かかる。そして購入後にバックエンド商品があると「もっと稼げる方法」として50万円前後で別のノウハウを売られることが多い。

億り愛プロジェクト 吉田慎也

「億り愛プロジェクト」失敗した場合は、投資金が返ってくると説明しているが、返金する財源はどこにあるのだろうか。ICOでお金を集める理由は、プロジェクトを進めるためのお金が足りないからだ。コンテンツが失敗に終わった段階では投資家に全額返金するお金など余っていない可能性が高い。

勝ち続ける投資法 吉田悠人

「勝ち続ける投資法」「わずか10分ほどの設定だけで毎月42%の利回りを実現!」と書かれたすぐ下に「過去のデータに基づくものであり将来を保証するものではありません」と書かれているため文字通りこのシステムを利用する誰もが毎月42%の利回りが得られるわけではない。