Empire Crypto Project 小平つかさ

Empire Crypto Project

販売者名・・・株式会社HAPPINIST 松村幸男

住所・・・・・東京都港区南青山5-17-2-502

電話番号・・・無し

URL・・・・・http://ecp2.net/mv/1gaqz/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

今回の主演者は「小平つかさ」氏という人物だ。

小平氏は5月にも

「ダイバージェントクラブ」というプロジェクトを打ち出している。

このプロジェクトはSNSと仮想通貨を組みあわせた

発想自体は面白いプロジェクトだったが

今のところ稼げたという話は聞いた事がない。

さらにその前には300,000円程のサビアンという

ネットワークビジネスに関する商材販売をしているが

こちらも被害の声は聞けど良い話は聞いた事がない。

出典元

http://xn--yckc3dwa8710cxojfp5a.com/%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95%E3%80%8Cempire-crypto-project%E3%80%8D/

今回のEmpire Crypto Projectは投資の案件のため、

資金がない方は無理に参加はされない方が良いと思う。

いくら実績がある人と言っても、

相場に絶対という言葉は存在しないし、

機関投資家の様に価格操作ができる訳ではないため、

『必ず』『確実に』と言った言葉に騙されないでほしい。

出典元

http://netbusinessinformation.com/nbc/archives/1853

アービトラージは取引所間の仮想通貨の価格差をねらって

利益を少しずつ積み重ねて稼ぐ手法になる。

価格差といっても取引所間で数十万円異なることはほとんどない。

あっても数万円、よくあるのは数千円程度だ。

少額の資金で大きく稼ぎたい人にはアービトラージは向いていない。

出典元

http://blog.livedoor.jp/cheritora/archives/12727824.html

ネットで調べてみると、小平氏に関する悪評が目立つ。

・ネズミ講みたいなビジネスをしていた

・被害者の会が立ち上がっている

・IDを預けて買ったビットコインが失われた

・バイナリーオプションの知識がないにもかかわらず

そのツールを販売していた

出典元

http://blog.livedoor.jp/hayatoh001/archives/12833407.html

「1万円がほったらかしで1年後に1000万円なる」

ツールを本当に開発できたなら、

どう考えても小平さん側にこのツールを見ず知らずのものに

販売するメリットは無い。

身内でツールを回していけば良いだけだ。

そのため、わざわざこういうオファーを仕掛ける時点で

ツールで稼ぐよりもツールを売った方が稼げるということだろう。

出典元

http://xn--it-7k4ascdi.com/%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95%E3%80%8Cempire-crypto-project%E3%80%8D%E3%82%92%E5%BE%B9%E5%BA%95%E6%A4%9C%E8%A8%BC/

総評

この案件は仮想通貨のアービトラージで稼ぐ手法です。

アービトラージとは、同じ商品に価格差が生じた際に

安いところで買って、高いところで売ることで利益を得る手法で、

裁定取引といわれたりします。

仮想通貨でも各取引所で価格差が出るので、

そこを利用して取引をします。

転売をイメージすればわかりやすいかと思います。

今回の主催者は「小平つかさ」氏ですが、

あまりいい評判は聞きませんね。

今年の5月にも「ダイバージェントクラブ」という

プロジェクトを打ち出していますが、

稼げた話は聞いたことがありません

そしてインタビュアーを務める

「松宮義仁」氏と「吉川将大」氏ですが、

松宮氏は以前「フリーダムライフクラブ」という

無料オファーを主催しており、

そのときのインタビュアーが吉川氏でした。

そして吉川氏自身も「フィクサープロジェクト」という

案件を主催しています。

どちらも稼げた話は聞いたことがありませんね。

以前のプロジェクトが稼げなかったからといって

今回も稼げないとは限りませんが、

はっきり言ってこの3名は信用できません

ビジネスは何をやるかではなく誰とやるかが重要です。

今回の案件、お薦めできるようなものではありません。