パーフェクトアラームビジネス 藤田遼馬

パーフェクトアラームビジネス

販売者名・・・株式会社TBT 田中雄二

住所・・・・・〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-22コムロビル702号室

電話番号・・・無し

URL・・・・・http://perfect-alarm.jp/sblp1/hp/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

私もこの会社のバイナリーオプションのノウハウを確認させて頂いたが、

本当に、何十万というような金額には全く値しないような

ペラペラのPDFが1枚だったり、

全く使えないようなシグナル配信ツールだったということで、

今回の藤田遼馬 パーフェクトアラームビジネスに関しても

おそらく同じようにバイナリーオプションでの

シグナル配信ツールの案件となるため、

同じように何十万というような金額には全く値しないような

ペラペラのPDFが1枚だったり、

全く使えないようなシグナル配信ツールになる可能性が高い。

出典元

http://topbusiness3.wp-x.jp/2018/09/25/%E8%97%A4%E7%94%B0%E9%81%BC%E9%A6%AC-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AF%E6%A5%B5%E6%82%AA%E8%A9%90/

今回の案内には、

「パーフェクトアラームビジネスは

初月から50万円は稼げるビジネスです」

と書かれている。

ここで注意しなければいけないのは、

「稼ぐ」という表現は必ずしも「利益を得る」ことを意味しないことだ。

例えばバイナリーオプションで10回勝負して、

勝って得た金額が合計50万円で、負けた合計40万円だったとする。

実はこのときも、50万円を「稼いだ」と言える。

途中では50万円勝って、50万円を手に入れているからだ。

しかし最も大事な「利益」は10万円だ。

そのため、50万円を「稼いだ」としても、

負けが大きいと場合によっては利益すらなく、

赤字だった、ということもあり得る。

出典元

http://blog.livedoor.jp/hayatoh001/archives/12369390.html

バイナリーオプションを利用した高額塾は

数えきれないくらい存在しているが、

内容はどれも一緒で名前を変えて使いまわしているにすぎない。

「パーフェクトアラームシステム」と名付けたとあるが、

単にシステムも何もないバイナリーのシステムに

もっともらしい名前を付けただけのものなのはほぼ明白だ。

出典元

http://ryxxta11.info/blog/?p=897

キャッチコピー、ランディングページの画像、

ビジネスモデルの内容から住所まで使いまわし感満載のオファーは

最終的に高額塾の案内が来ることが

予想されるためおススメできない。

1回1分の作業です!とかコピペで〇〇万円稼げます!

というのは詐欺的な内容のものが多く実際に稼ぐことはできない。

出典元

http://bassist-tetsu.com/fujitaryouma-perfect-alerm-business

販売会社の住所だが、

〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-22コムロビル702号室

ここは1Rの物件だがこの住所は株式会社TBT以外にも

複数の会社が入っているようだ。

1Rの物件に会社が複数入ってる時点で相当おかしい。

出典元

http://jyoho01.blog.fc2.com/blog-entry-274.html

総評

この案件のビジネスモデルはバイナリーオプションです。

バイナリーオプションとは、

為替相場が上がるか下がるかを予想するものです。

予想が外れれば掛け金は0になり、

当たれば賭け金が2倍になりますが、

手数料が引かれるので実質1.8倍くらいになります。

なので勝率が5割だったとしても資金はどんどん減っていってしまいます。

バイナリーオプションはギャンブル性が強いので、

セールスレターにもあるように

「誰がやっても稼げる」だとか「全員が初月で50万円以上稼ぐ」

ようなものではありません

また、会社の住所である、

〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-22コムロビル702号室

について調べてみると、

「会社名 株式会社CRMT 責任者 山本雄二」

だったり、

「会社名 株式会社クレアストマネジメント 責任者 山本 誠二」

だったり、

「会社名 株式会社ティースリーネットワーク 運営責任者 田中純一」

だったりと、株式会社TBT以外にも複数の会社と責任者が出てきます

702号室1室にこれだけの会社が入っているのは明らかに不自然です。

ペーパーカンパニーを作るときに利用しているのでしょうね。

こんな怪しい案件に参加するのは全くお薦めできません。

止めておきましょう。