トラッキングビジネスシステム 久米妥

トラッキングビジネスシステム

販売者名・・・株式会社アドシステム 久米妥

住所・・・・・千葉県八千代市米本1359番地

電話番号・・・050-3011-2893

URL・・・・・http://www.bonusget.net/track/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

デメリットは、広告費が発生するところだ。

もう一つのデメリットとして、

稼ぐ系(アフィリエイト、投資など)や

アダルト系の商材は扱えないこと。

広告の規定に引っかかってしまう。

出典元

https://tomochi.biz/buppan/p4059/

今回のノウハウをオススメできるのは、

下記のようなタイプの人だ。

・SEOを意識した検索エンジンからの集客方法にハードルの高さを感じている人

・文章作成やコンテンツ作成に苦手意識を抱いている人

・お金を投資することでお金を増やすことが理解できる人

出典元

http://affili-netbiz.seesaa.net/article/447810933.html

マニュアルを読んでみて感じたのは

広告文の作り方に関する説明が弱いという印象だ。

広告文⇒キラーページ⇒販売ページ

への誘導は一般のPPC広告と考え方は同じだ。

しっかりとターゲットを絞って

読んでみたいと思わせる必要がある。

出典元

http://kamimoto01.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

Yahooプロモーション広告を利用する以上、

広告費がいるので、無料で実践することはできない

ここがこのメソッドの最大のデメリットだ。

出典元

http://affiplus.wp.xdomain.jp/2017/03/25/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%EF%BC%88%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%B5%A9%E4%BA%8C%EF%BC%89%E3%81%AF%E7%A8%BC/

広告をうって上位表示してもらうのだからSEO対策は不要だ。

ただ、ヤフーリスティングを利用したアフィリエイトの問題点は

広告費がかかることにある。

それも、それなりのアクセスを集めたいのなら

それなりの金額をかけなければならない。

もしやりたいのであれば、ヤフーリスティングなどの

広告サービスはヤフーの公式でやってるので

この役に立たない商材を買うより自分で勉強した方が早い。

出典元

http://www.piasu-osyare.com/2017/03/01/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%B5%A9%E4%BA%8C%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%AF%E5%84%B2%E3%81%8B/

しかし、このトラッキングビジネスシステムは、

運用していくサイトに、どうやってアクセスを集めていくのか?

という点が、少し弱いかなという印象。

出典元

http://area-093.xsrv.jp/0105/?p=642

総評

この商材は、広告を使ってサイトを離脱したユーザーに

再度アプローチをかけていくという手法です。

yahoo!が提供している広告を、

自分のサイトにアクセスしてきたユーザーに

一定期間見せ続けることができます。

一度離れたサイトにはまず戻ってきてくれないので、

広告によってまたアクセスを戻すことができるわけですね。

問題点としては広告費がかかることですね。

作者はそれも考慮して

マネーメイクマニュアルというものを付けています。

想定されるのは自己アフィリエイトですが、

私はお勧めしません。

ちょうどクレジットカードが欲しかったり、

FX口座を開設したい場合はいいのですが、

そうでない場合は個人情報をただで売ることになりかねません。

解約するのも手間がかかりますしね。

結局やらずに終わる可能性もあります。

なのでこの商材を実践する場合は、

広告費はアフィリエイトで回収するくらいの気持ちで

やった方がいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする