キーワードツールの決定版「Pandora2」 横山直広

キーワードツールの決定版「Pandora2」

販売者名・・・Catch the Web Asia Sdn Bhd. 横山直広

住所・・・・・Suite 7-03, Level 7, Menara IGB, Mid Valley City,

Lingkaran Syed  Putra, 59200 Kuala Lumpur

電話番号・・・050-5586-3870

URL・・・・・http://az.ctwpromotion.net/pandora2/infotop.html

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

良くも悪くも

“成果を出している商品やキーワードを探すこと”

にのみ焦点が当てられている。

現在稼ぎ続けているキーワードを見つけたとして、

その後、どうやって成果を上げるための

サイトを作ればいいのか?

サイトアフィリエイトのノウハウが別途必要になる。

出典元

http://ghp.jp/archives/3716

一点目は、キーワードを元にしてサイトを作る場合、

その肝心な作り方などが無いという事。

二点目としては、「何となくリサーチ」をしていると、

あっという間に時間を奪われて作業が疎かになる

可能性があるという事。

その都度目的を決めて利用する、という事をした方がいい。

出典元

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-513.html

日本中のアフィリエイターがこの『パンドラ2』を使って、

ライバルの少ないPPC広告のお宝キーワードを

リサーチしていけばどうなるか?

すぐにライバルの居なかった

お宝キーワードがどんどん侵食されて、

いつしかそのお宝キーワードも広告単価の高い競合キーワードに

成り果ててしまう。

出典元

http://nb-secret-success.xyz/%E5%85%A8%E3%81%8F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%97%E9%80%86%E3%81%AB%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%A0%E3%81%A8%E6%96%AD%E8%A8%80%E3%81%99%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1%E3%80%82%E3%83%91%E3%83%B3/

PPC初心者は、最初の内はなかなかキーワードを探せない場合が

多いので、Pandora2を使って、他の人がどんなキーワードで

出稿しているのかが分かれば、

挫折する様な事も無くなるのではないかと思う。

出典元

http://pandora2aff.blog.fc2.com/

一番凄いのが、

ライバルサイトがどう言った事をしているのか分かる事。

まず、ライバルサイトのURLを入力する事で、

タイトルやキーワード、出稿状況などが全て分かる。

更にIPアドレスから辿って、

ライバルの他の手掛けているサイトも分かってしまう。

出典元

http://zeek286.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

・Pandora2はこれから参入する初心者にとって

大変便利で使いやすいキーワードツール。

・稼げるキーワード選びが容易になり

収益が発生するまでのスピードも早くなった。

・キーワードリサーチという一番時間がかかり、

大事な作業をこのツールはいとも簡単に片付けてくれる。

出典元

http://afxzq.info/?p=3061

総評

稼げる人気キーワードを見つけ出してくれるツールです。

アフィリエイター全員がこのツールを使い始めたら

競争が激化してあまり意味が無くなってしまいますね。

また、当然ですがアフィリエイトをやっていない初心者が

このツールを使っても、

人気キーワードを知ったところで役に立たないと思うので、

まずはサイト作りを優先した方がいいでしょうね。

いろいろな機能があるようですが、

他のサイトがどういったことをしているのか

調べることもできるようです。

作りこんでいるサイトは「稼げている」可能性が高いので、

自身のサイト作りの手助けになるかもしれません。

他のサイトの研究は自身のサイトを見直すきっかけになります。

このツールを使えば必ず稼げるというわけでは無いと思いますが、

普段知ることのできない情報を知ることができて、

使いこなすことができれば大きな強みになるでしょう。

できる事が多いのはいいことですが、

時間の浪費にもなりかねません。

何を知りたいのか目的意識をしっかりと持って使いましょう!

目的を見失わないように!