ドラゴン・ストラテジーFX 松山裕典

ドラゴン・ストラテジーFX

販売者名・・・ グローバル・ロイズ株式会社 松山裕典

住所・・・・・東京都新宿区西新宿6-16-6  新宿タツミビル801

電話番号・・・03-6279-4799

URL・・・・・http://global-lloyds.co.jp/drast-fx/index.php

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

勝てるかどうかはその人次第。

買えば誰でも勝てるようになる商材があればみんな勝っている。

これは悪い商材ではないが、シグナル通りにトレードするだけで

勝てるような夢のツールではない。

どんな商材を買ったとしても努力は必要。

努力しないで楽に稼ぎたいという考えであれば

FXに手は出さないほうがいい。

出典元

http://www.info-bonbon.com/investment/doragonsfx.html

この商材はレンジ相場に非常に弱い。

レンジの場合は値動きが弱いので、

矢印が点灯してもすぐに戻ってくることが多く、

場合によっては逆行してしまうこともある。

そのため、レンジではなく、トレンドを狙ってエントリーする

必要があるが、どこからどこまでがトレンドなのか、

よくわからない人がほとんどだと思う。

出典元

http://www.runwblog.com/post-9899/

この商材に限らず、

トレード戦略をある程度ルール化しておくことが大事。

初心者はEAには絶対に手を出さないこと。

ドラストFXのロジックをEA化することも不可能ではないが、

EAなど所詮プログラム通りにしか動かない。

EAでは人の心理まで読み取ることはできない。

出典元

http://doragonstrategyfx.fxrivew.com/?p=590

この商材では、トレンド発生後の方が高勝率のチャンスになる。

逆に言えばトレンドが発生するまで待つということになる。

トレンドは毎日発生するとは限らないため、場合によっては

1日トレードのタイミングが無かった、という日もあり得る。

そのため、タイミングが無いときはトレードしない方が無難。

出典元

http://fx-sidebiz.com/2016/01/03/drast-fx/

インジケーターのロジックがわからないことと、

それに関連してどの程度の大きな時間足の方向性を

参照しているのかがわからない点が気になる。

ロジックを非公開にしているのはある意味仕方無いが、

大きな流れとしてどの程度の時間軸を見ているのか

わからないのは少し不満が残る。

出典元

http://tradelab.info/dragonstrategyfx/

印象としては初心者~中級者向けのツールだ。

ビジュアル的にわかりやすく使い勝手もいい。

ただ、中級者以上のFXトレーダーには少し物足りないと思う。

各インジケーターの詳細なロジックは明かされていないため、

カスタマイズすることができない。

出典元

http://fxinspect.com/archives/9059

総評

この商材は、トレンドに沿ってエントリーする

トレンドフォローという手法を用いたFX商材です。

トレンドというのは、相場が上下どちらかに

大きく動いていく状態のことですね。

2014年頃から販売されているベストセラー商品ですね。

セールスレターですが、放っておくと

「限定映像を無料公開中」とかいって

メールアドレスの登録画面が出てくるんですよね。

セールスレターを読むときの邪魔にしかならないですね。

売買のサインが出るのはいいんですけど、

毎回サインに従うだけだと思うように利益は出ないと思います。

FX商材で毎回サイン通りにトレードして

儲かったなんて話は聞いたことがありません。

セールスレターには書いてあることはありますけど、

信憑性が無いですからね。

裁量加えずに勝てるのなら、

最初からサインツールにする必要が無いわけです。

そのままで勝てるなら自動売買ツールでいいわけですからね。

結局こういった商材は、

サインの取捨選択ができなければ意味がありません。

それでもこの商材で裁量技術を学んでいければいいんですけどね。

どうやらそうでもないみたいなので、

独自で勉強して何度も検証を重ねて

自分のルールを見つけていくしかないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする