キーワードストライク 神谷宏之

キーワードストライク

販売者名・・・株式会社ジグスタイル 神谷宏之

住所・・・・・長野県岡谷市塚間町1‐8‐11

電話番号・・・090‐5619‐6546

URL・・・・・http://keywordstrike.com/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

一点だけ「キーワードストライクで、ダメというか、勿体ないな」

と感じたのが作業や手順などの部分だ。

キーワードについては、そこそこ学べるものの初心者にとっては、

「それを活かしてどのようにサイトを作るか」

何よりも、初心者には、ここが重要だったりする。

出典元

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-495.html

Googleのアルゴリズムとしては本質をついている為、

役立つ内容ではある。ただ、キーワード選定と記事作成の

結びつきを作るコンテンツが弱すぎる為、そこに関しての

アップデートなども行われておらず、ブラッシュアップ等の

メンテナンスも行われない為

そこまで購入するメリットが無いと感じた。

出典元

http://pompoom.com/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%95%86%E6%9D%90%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%90%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%82%82%EF%BC%81%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%93/

今までブログやサイト運営でアクセスがなかなか集まらない…と

悩んでいる人には、参考になるのではと思う。

キーワードストライクはキーワード選定の基礎を初めから

丁寧に教えてくれる商材なわけだが、

買うとしても通常版で十分だろう。

この内容を動画コンテンツでまで解説する必要性は感じない。

出典元

http://blog.livedoor.jp/sandaimeinfo/archives/1025653532.html

初心者の方であればこの教材で学んで実践していっても

実際に当たりのキーワードを見つけられる方は極一部だと思う。

なぜなら、この教材だけだと実際にライバルがいない当たり

キーワードを見つけるのが困難だということを

問題として提起させて頂きたい。

どれだけ良さそうなキーワードを選んでいったとしても

同じキーワードを選んでいるライバルが多かったら意味がない。

出典元

http://koizumiyouta.com/646.html

キーワードストライクは、単体で稼げる教材ではない。

何らかのアフィリエイト手法に取り組む際に、

そのキーワード選定を強化する類のノウハウ。

初級・中級者が陥りやすいキーワード選定のミスを

きっちり矯正できる教材だ。

出典元

https://tomochi.biz/trend/p1502/

実例がないからどう活かしてサイトを作っていくか

イメージがつきにくい。

初心者にとってはいいキーワードの教本となる。

しかし、コンテンツを作るのにどう再現していけばいいか

わからないため、単にキーワードの重要性や本質がわかった

というだけに終わってしまうのではないかと思う。

出典元

http://kayty.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

総評

この商材は、需要のあるキーワードをいかに効率的かつ

的確に拾ってくるかを解説したノウハウとなります。

初心者にありがちなのが、100件以上記事があり、

記事も丁寧に作ってあって、なおかつサイトも見やすく

きれいなのにアクセスが集まらない、といったことです。

この場合キーワード選定がうまくできてなかったり、

ライバルが多いキーワードを選んでいて

上位表示されないといったことがあります。

そんなときに役に立つのがこの商材ということですね。

ただ、キーワードの重要性がわかったところで、

それをどうサイトに活かしていくのかが解説されていません。

やはりそれでは足りないですよね…

結局他のコンテンツでそれを補わなければならないので、

そういう意味ではこの商材はお勧めしにくいものとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする