Amepressアメプレス 松原康利

Amepressアメプレス

販売者名・・・株式会社アイピリカ

住所・・・・・沖縄県那覇市泊2丁目1-18 T&C泊ビル4F

電話番号・・・050-3572-6708

URL・・・・・http://amepress.net

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

もしメルマガ配信システムが使いたいのであれば、

メルマガ配信サービスだけでも十分かと思う。

個人的には「継続アフィリエイト報酬が高い」ので、

アフィリエイターがそのお金がほしいから

初心者を狙ってオススメしまくっているサービスのように感じた。

出典元

http://kaifam.net/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%95%86%E6%9D%90%E6%89%B9%E8%A9%95/%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%EF%BC%81%EF%BC%9Famepress%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%EF%BC%89%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%94/

率直に言ってアメブロからの集客効果は弱いな、

というのが私の考えである。

もちろん、記事の質や集める読者の属性、

アメブロからワードプレスへの導線など、

色々な要素が混じってこその結果だと思う。

このツールを使って多くの人が効率よく見込み客を集められるかというと、

少し難しいように思う。

出典元

http://www.sakaryosuke.com/?p=1604

アメブロはアフィリエイト禁止なので、

アフィリエイト関連の記事は連動出来ない。

ということは、元々アフィリエイトで集客をしたい人達が

ターゲットのはずなのに

アフィリエイトの記事が連動出来ない

本末転倒なツールとなっている。

出典元

http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

アメブロの削除は突然やってくる。

たとえ、今まで何年も大丈夫だったとしても。

その日が来てから悔やんでも後の祭り。

アメプレスを使った方が良い人は、

・ワードプレスをメインブログにする人

・削除されそうなアメブロを運営している人

出典元

http://ame-press.net/tukauhito/

アメプレスとアメーバキングどっちを使えばいいのか?

総合的に判断して、アメーバキング1択と言っていい。

以前はメインの使用用途が違うツールだったので、

その人の目的に合わせて選ぶのが一番だったが、

現在はアメーバキングが進化してしまったので

アメプレスを選ぶ意味はあまり無い。

使い勝手もアメーバキングの方が上。

出典元

http://ame-press.net/hikaku-amebaking/

・アメブロをアカウント削除されてもすぐに復活させられる。

・ワードプレスに投稿すれば自動でアメブロにも投稿される。

・フェイスブックに投稿すれば、ワードプレス→アメブロへと自動投稿される。

・2ブログ共、同じ記事なのに、ミラーサイト扱いにならない。

・アメブロのペタ・読者登録を、属性分けして自動集客できる

出典元

https://usccocks.com/amepress.html

総評

アメブロとワードプレスを合わせてアメプレス…なるほど。

アフィリエイトで集客したい人達がターゲットなのに

アフィリエイトの記事が連動できないのは

少し問題ですね。

それにアメブロからの集客を上手くやらないと難しいかもしれません。

この辺りの戦略も考えなければならないですね。

月額2980円というのも少し高い気がします。

また、このツールはFacebookやインスタグラムなどSNSを使った集客も

できるようです。

しかし、大量のイイね!をもらっている人は

自分の言葉で書き込んでいる人で、知り合い同士の

信頼関係があります。

自動ツールで更新したりしているだけでは

他の人からのアクセスを集めるのは難しい気がします。

どうしてもアメブロ・ワードプレスの両方から

アクセスを集めたいという人以外にはお勧めしにくいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする