China Import Master Plan 丸山直人

China Import Master Plan

販売者名・・・株式会社Lustear 丸山直人

住所・・・・・北海道千歳市若草1-23-13

電話番号・・・0123-21-8950

URL・・・・・http://maru01.com/info/cimp/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

なぜ丸山直人さんはノウハウを明かすのか?

それは、

「China Import Master Plan」のノウハウで稼ぐよりも、

ノウハウとして売った方が稼げるからです。

つまり丸山直人さんは、

もう「China Import Master Plan」のノウハウを使っていない。

出典元

http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-383.html

・仕入れ対象商品が凄く多い

・同じ商品のリピート販売が何度もしやすい。

・販売価格が安くなりがちなため、数を沢山売らなければいけない。

・欠品や不良品、違う商品が届く可能性がある。

・中国からの仕入れのため、商品が届くまで時間がかかる。

・相乗りで同じ商品を出品すると値下げ競争が発生する可能性がある。

出典元

https://photo-miki.xsrv.jp/2016/12/08/p-2357/

「China Import Master Plan」は初心者でもできる内容で、

副業でも実践できる。

ただし転売ビジネスはそんなに甘い世界ではないため、

真剣に取り組まなければ報酬を得ることができないと思う。

中途半端な気持ちだったらあまりオススメできない。

出典元

https://review.net-busines.com/%E7%A8%BC%E3%81%92%E3%82%8B%EF%BC%9Fchina-import-master-plan%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/

amazonの規約を守った独占販売のやり方も徹底解説して

くれているため、買い叩かれたりすることなく

安定して稼げると評判。

とは言っても、相手は中国なので、何かと心配な気も…。

でもまあいきなり闇雲に始めたって稼げなさそうなので、

この商材で勉強してやってみるっていうのも手かも。

出典元

http://onayami-kaiketu.work/22.html

せどりは資金が必要になる。

また、外注化していく為には今現在FBAも使ってないとか、

Amazonの登録方法は?なんて方なら最初にやることが多すぎて

挫折してしまうかもしれない。

60日のサポートがあっても初歩的な事で

終わってしまったら勿体無い。

出典元

http://ebusinessno1.com/?p=3215

中国輸入の方法は安く一括で仕入れられるため、

日本だけの仕入れよりも効率と利益率がいいのが特徴。

デメリットは商品の写真と違う商品が送られてくる

不良品問題と言語の問題がある事だ。

ただ、中国輸入代行業者ができてからは

言語の壁はクリアできるようになった。

出典元

https://afi-business.com/chuugoku-yunyuu-yarikata/

総評

中国のタオバオで仕入れを行い、国内のAmazonで

転売するという、「中国輸入転売」の商材です。

「中国輸入」と聞くとそれだけでなんとなく

やりたくないって気持ちになります。

しかし実際はかなりの安値で商品が買えたりして

お得らしいですね。

私はやったことないので細かいことはわからないですが、

この商材のことは抜きにしても、

何でも一度試してみるという姿勢は大事かなと思います。

仕入れ価格が安く、高利益、何度もリピートが可能という

内容となっていますが、実践したら即簡単に稼げると

いったような代物ではないようです。

楽をして簡単に稼げるような商材ではないらしいので、

そういう商材を求めている方は他を当たった方がいいです。 

中国からの輸入のため、

届くのにどうしても10日程はかかってしまいます。

仕組みを構築するまではどうしても時間がかかるため、

1ヶ月目から大きく稼ぐのは難しいです。

他にも少し慣れるまでは時間がかかるでしょう。

ただ、デメリット対策はあるようなのでしっかり取れれば、

国内せどり専門の方よりも有利に稼げるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする