ファントムライター 五十嵐敦

ファントムライター

販売者名・・・Trend-up Works(トレンドアップワークス) 五十嵐敦

住所・・・・・埼玉県三郷市さつき平2-4-2  テラウエスト1001

電話番号・・・090-3574-3357

URL・・・・・http://www.trend-up.net/phantomwriter/it/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

もしPSWが販売しておらず、ファントムライターしかなかったら、

有効的なツールだと感じるが、相対的に評価をしてしまうと、

いまいちだと思ってしまう。

ツールに関しても便利と言ってもおまけ程度なので、

アフィリエイトで稼ぐ為にずっと使っていけるものではない。

出典元

http://kardeslermolozhatti.com/ファントムライター/自動記事作成リライトツール『ファントムライタ/

ジャンル数で言えば、ファントムライタ―がダントツだが、

機能性を見てしまうと、かなり低い部類に入ってしまう。

複数の記事をデータベースによってオリジナル記事が

作成されるのだが、1ジャンルごとに完成度が低い。

そして、類似率等もかなり高くなってしまうため、

せっかく文章自動作成ツールにて、文章作成を省略しようと

思っても、Googleにコピーコンテンツとして、

スパム判定をもらい、検索から飛ばされてしまう恐れがある。

出典元

http://pompoom.com/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%95%86%E6%9D%90%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E8%A9%95%E5%88%A4/

当然リライトツールを利用している限りは、

コピーライティングスキルを向上させる事など出来ない。

コピーライティングのスキルは、自分の頭を使って

一から文章を書いた時に、初めて身に付いていくものだからだ。

しかし、作成した記事が『資産』となっていき、過去に作成した

すべての記事からアクセスが集まるという、

資産構築型のビジネスこそが『合理的』だと考えるなら、

「ファントムライター」は手にするべきではない。

出典元

http://twintly.com/yoshinaga/?p=2313

ファントムライターに限らず記事作成ツール、

リライトツールの類はセールスページにもあるように

どうしても初心者をターゲットにする言葉が並んでいる。

しかしその言葉を鵜呑みにして初心者がこの記事だけで

メインサイトまでもを構築していったらどうなるか?

恐らくほとんどの記事は上位表示されないだろう。

検索エンジンはそのサイトへの滞在時間もポイントとなるからだ。

出典元

http://netbusiness1010.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

自動で作成される文章のクオリティが低い

中には、意味が通らないような文章が出来上がることがある。

この原因として、このツールの本元である、

データベースのクオリティが低いことが挙げられる。

ジャンル数が多い分、一つ一つの自動作成される

元データの種類やボリュームが少ない。

出典元

http://xn--cckcdp5nyc8gtf0795aodgfpz6rm1ggca.xn--tckwe/%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E5%87%BA%E6%9D%A5%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/

総評

この商材は、データベースを基に文字を組み合わせることで、

文章を自動で作成してくれる文章自動作成ツールです。

初期の段階で約30種類のジャンルを搭載しています。

いろいろなジャンルに対応できるというのは長所ですよね。

ただ、このジャンルが多いというのが逆に短所にもなっていて、

一つ一つのジャンルの完成度が

どうしても低くなってしまいます。

当然類似率も高くなってしまうので、せっかく文章を作っても

Googleにコピーコンテンツと認識されてしまい、

検索から飛ばされてしまうかもしれません。

同じような文章自動作成ツールとして

PSW(パーフェクトサテライトライター)

がありますが、こちらの方が機能的に上だと思います。

他にいいツールがある以上、この商材はお勧めしません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする