PLATINUM TURBO FX2 石塚勝博

PLATINUM TURBO FX2

販売者名・・・BELLSTONE 株式会社 石塚勝博

住所・・・・・千葉県館山市船形573-8

電話番号・・・0470-28-5940

URL・・・・・http://ptfx2.bellstone.co.jp/t/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

トレードチャンスが訪れたら、単にシグナルに従って

エントリーするのではなく、フィルターに掛けることで、

勝てる確率の高いポイントでのみトレードを行い、

利益を積み上げて行く。

裁量を入れず、シグナル表示に従って機械的にトレードすれば

勝てるという期待で購入すると期待外れに終わる。

出典元

http://www.freestyle2.net/platinum-turbo-fx-8654.html

トレーダーが判断すべきことは、その相場状況が

「ロジックに合う相場状況かどうかを判断する」こと。

このツールのトレンドフォローロジックの内容を理解して、

長期足のトレンドが発生している状況のみサインを

選択できるようになれば、かなり勝率も上がって

トレード精度が安定していくと思う。

出典元

https://fxxy.org/9652.html

トレードスタイルはどちらかと言えば短期トレードがメイン。

初心者はむしろ1時間足から実践することを勧める。

短期トレード程破産の確立が高くなり、

初心者が簡単に稼げる程相場は甘くない。

エントリーチャンスが多いからといって

直ぐに儲かるとは限らない。

出典元

http://fxscalbinary.info-mater.com/platinum-turbo-fx-2/

・レンジ相場は苦手

・勝率がそこまで良いと言うわけではない

・価格は高め

・レンジ時の無駄なエントリーのサインが減った

・ドル円で15分足と1時間足も使えるようになった

・勝率45%から75%の実績

出典元

https://www.fx-goo.com/platinum-turbo-fx%EF%BC%92%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5%E8%80%85%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3%E3%81%A8%E7%9F%B3%E5%A1%9A%E5%8B%9D%E5%8D%9A%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

勝率はあまりこだわらなくていいと思っている。

しかし勝つ(利益をとる)ということは小さいながらも

積み重ねていく必要がある。

小さい勝ちを繰り返して、損失も最小限に抑えることを考えると、

そういうトレードを行っている人にこの商材は向いていると思う。

出典元

http://fxkansai.club/?p=274

再現性は、サインツールどおりにすればよいので、ほぼ100%。

初級者にも安心してトレードできる内容となっている。

単に考えなくても勝てるツールではなく、コンテンツで

勉強することでトレンド相場で利益を伸ばすコツがつかめる。

本商材の対象は、「まだ勝てる手法がない初中級者」を

想定している。

出典元

http://fx-syuhou.biz/archives/4025

総評

この商材は、裁量を入れながら、

シグナルの取捨選択を行いトレードするFXツールです。

前作「PLATINUM TURBO FX」の最新バージョンで、

シグナルツールで利益を上げながらトレードを

学んでいこうというコンセプトになっています。

前作の弱点だったレンジ相場が、

今回はトレンドが発生した時だけ

エントリーのサインが出るように改良されています。

いろいろなサイトを見てみましたが、

あまり悪い評判はありませんね。

前作よりも精度が良くなった印象を受けますが、

トレンドの終わりや反転ポイントは裁量を加えた方が

安定するとのことです。

トレードノウハウや手法を学んで、

ツールと裁量両方でトレードを行っていった方が

いい結果につながると思います。

初心者でも使えるようですが、それでもFXの仕組みや用語など

基本的なことは学んでからの方がいいでしょうね。

全く学ぶ意思が無かったり、ツールに任せきりだと、

思うように勝てなかったりツール自体を持て余すと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする