古物市場リスト1498 細矢益通

古物市場リスト1498

販売者名・・・古物商免許サポート 細矢益通

住所・・・・・千葉県長生郡長生村金田2612

電話番号・・・043-308-8032

URL・・・・・http://www.kobutu1ban.com/kobutuichiba/top/

免責事項

本サイト内で掲載された情報について、

充分に確認や注意をした上で掲載していますが、

内容によっては、情報が古かったり

間違っている可能性もあります。

また合法性、道徳性、適切性、著作権の許諾や有無など、

その内容については一切の保証を致しかねます。

評判

向いている方

・ネットオークションで高値になる掘り出し物を仕入れたい

・ブランド品をリサイクルショップよりも安く買いたい

・一般に流通しているよりも遥かに安い業者価格で購入したい

・毎日がフリーマーケットのようなバーゲンセールを体験したい

・安定した仕入先を確保したい

出典元

http://fun.ap.teacup.com/info/679.html

古物商免許が無いと市場への入場は基本的にはできない。

※見学等は別。

しかし、古物商免許を今後取得する予定であればお奨め。

いつかはリストは必要になるし、

知っているのと知らないのとでは雲泥の差が開くため。

出典元

http://m-hosoya.jugem.jp/?eid=3149

古物市場に参加するに当たってのアドバイス。

それは、

「出品物には触らない。」と言うことだ。

商品の搬入時に、新参者は手伝わなければいけない

と思われがちだが…

もし手伝って商品を破損させてしまったら、

法外な金額を請求される場合もある。

出典元

http://bookoffsedori.blog112.fc2.com/blog-entry-991.html

これだけの収録数があれば、遠征して

ベテラン古物商も知らない、超穴場の古物市場を

自分で見つけ出すこともできる。

更に日本全国ほぼ全ての開催場所を把握しておくことで、

親戚や友人などに協力してもらい、

日本全国から仕入れることも可能になるので、

ビジネスチャンスはさらに広がる。

出典元

http://kobutsusyo-guide.seesaa.net/article/243794209.html

安さの秘密は、扱っている商品が在庫処分などの大量入荷品、

リースアップ・レンタルアップ品、質流れ品、競売品、

倒産した会社の備品など、まだ使えるのに

不要になってしまった品だから。

もちろん新品同様の商品も数多く出品されている。

出典元

http://netdekasegukoko.sblo.jp/article/182650190.html

古物市場に出品している商品の大半は、

転売同業者が出品した物となっている。

つまり、ネットや実店舗で売れなかった売れ残りを、

ここの古物市場に激安で出品している。

もちろん全てが売れ残りの商品ということではないが、

転売のプロが格安の値段で出品しているのには、

それなりの理由があるということ。

出典元

http://underthepine.blog.fc2.com/?tag=%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%8F%A4%E7%89%A9%E5%B8%82%E5%A0%B41498%E3%83%B6%E6%89%80%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%9D%E3%82%8A%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC

市場が閉鎖的で仲間内での取引が多く、あまり新しい取引を

好まない主催主もいるため、自分と合う主催主を探すためには、

何度となく古物市場に足を運ぶ必要があるかもしれない。

有益な商品はすべて仲間内で取引されることから、

古物市場で仲間を見つけることが必要になる。

そのため、できるだけ古物市場へは自分ひとりで行くべき。

出典元

http://www.kobutsusyoshikaku.jp/cat45/post_2.html

総評

この商材は古物市場の場所を教えてくれるようです。

古物商免許を取得していないと参加できないので、

このリストだけ持っててもあまり意味が無いように思います。

転売の仕入れ先として使いたい方は、

まず免許を取らなくてはいけませんね。

また、リストだけではなく売れる商品を

見極める目が必要になりますね。

この辺りは転売の基本です。

仕入れ先だけではなく、商品を選ぶノウハウですね。

そういう目利きができるようになるためには、

相当の知識が必要になります。

特に初心者の場合は転売のプロには敵いません。

これらのことから、あまり初心者向けの商材ではありません。

もしせどり、転売をこれから始めたいと考えている初心者の方は、

こういった商材ではなく、

もっと初心者向けの商材から始めた方がいいですね。

これは中級者以上向けの商材です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする